独自の治療法を持つ淀屋橋にある歯科医院。3ヶ月で違いを感じる歯科矯正

エマーブル歯科・矯正歯科クリニック

news

歯周病の治療について

2019年1月7日 / KSKブログ

歯周病の治療についてです。

歯周病というのは、歯の周りの骨や歯茎がなくなっていく病気です。

原因は歯の周りにいる細菌です。細菌は歯にくっついている歯石にたんまりといます。
ですので、歯周病の治療というのは歯石の除去が主たるところとなります。

それでは、歯石を取ったら、骨や歯茎は回復するのか?

というと、実はあまり回復しません。
歯周病の進行は止まります。

歯周病の進行を止めたうえで、骨再生療法などもありますが、
元通りになるかというとそういうわけでもありません。

そして、小手術をする必要があり、少し大変です。

歯周病は直接命にかかわることはありませんが、
進行してしまうととても面倒な病気です。

ですので、若い時から歯周病にならない努力をしておくことが重要です。

歯周病にならない努力とは、やはり定期的に歯科医院でクリーニングするということです。
定期的とは、できれば3か月くらいがお勧めですが、
一番重要なことは継続すること。
半年でも1年でも、無理ない範囲で継続してください。

しかし、
命には別条のない歯周病のためにそんな努力はなあ・・・

と思われるかもしれません。

私は直接命に関わらないと言っています。

実は間接的には関わっています。


それについてはまた次回書きます。

pageup