独自の治療法を持つ淀屋橋にある歯科医院。3ヶ月で違いを感じる歯科矯正

エマーブル歯科・矯正歯科クリニック

news

全身健康と歯周病について

2019年1月18日 / KSKブログ

歯周病は歯の周りで起こる病気です。

しかし、その影響は体全体に及びます。

まず、最も言われているのが、
糖尿病との関係です。

糖尿病と歯周病は密接に関わっています。

そもそも糖尿病の人は免疫力が著しく低下しています。
歯周病とは細菌感染による病気ですので、
糖尿病の人は当然歯周病にかかりやすいのです。

逆に
歯周病が良くなれば、糖尿病が良くなるとも言われています。

そのような研究が結構されていますし、
それを示唆するようなデータも出ているようです。

老人になると誤嚥性肺炎というのが死因の上位に来るのですが、
歯周病の人はそれだけ口の中に細菌が多いので、
当然誤嚥性肺炎になりやすい環境と言えます。

歯周病は歯を無くしてしまう病気です。

何本歯が残っているのかが、
全身健康に影響を及ぼすデータも出ています。

たとえば、
健康寿命という言葉があります。

実際の寿命ではなく、健康で活動できる寿命です。

この健康寿命を脅かすものというと、
転倒による骨折からの寝たきり生活か、認知症です。

転倒リスクにおいても、認知症のリスクにおいても、
歯の本数が多く残っている方が圧倒的に有利なことが分かっています。

つまり、
歯が残っている方が、人生において健康な期間が長いということです。

また、
医療費についても、歯の多く残っている人の方が医療費が小さいことも分かってます。

正味の寿命においても
歯の残っている人の方が長いことが分かっています。

ということから、
歯の健康と全身の健康が密接なことは明白なのです。

それでは、
歯周病についてどうすればよいのか?

当院のお勧めの方法をまた次回ご紹介します。


歯周病の治療について

2019年1月7日 / KSKブログ

歯周病の治療についてです。

歯周病というのは、歯の周りの骨や歯茎がなくなっていく病気です。

原因は歯の周りにいる細菌です。細菌は歯にくっついている歯石にたんまりといます。
ですので、歯周病の治療というのは歯石の除去が主たるところとなります。

それでは、歯石を取ったら、骨や歯茎は回復するのか?

というと、実はあまり回復しません。
歯周病の進行は止まります。

歯周病の進行を止めたうえで、骨再生療法などもありますが、
元通りになるかというとそういうわけでもありません。

そして、小手術をする必要があり、少し大変です。

歯周病は直接命にかかわることはありませんが、
進行してしまうととても面倒な病気です。

ですので、若い時から歯周病にならない努力をしておくことが重要です。

歯周病にならない努力とは、やはり定期的に歯科医院でクリーニングするということです。
定期的とは、できれば3か月くらいがお勧めですが、
一番重要なことは継続すること。
半年でも1年でも、無理ない範囲で継続してください。

しかし、
命には別条のない歯周病のためにそんな努力はなあ・・・

と思われるかもしれません。

私は直接命に関わらないと言っています。

実は間接的には関わっています。


それについてはまた次回書きます。
1 

pageup