独自の治療法を持つ淀屋橋にある歯科医院。3ヶ月で違いを感じる歯科矯正

エマーブル歯科・矯正歯科クリニック

news

二刀流歯科医師のメリット

2018年11月12日 / KSKブログ

ここで言う二刀流とは、
矯正歯科治療と一般歯科治療の両方行っているということです。

前回も書いたように
案外両方やっている歯科い医師は少ないのです。

患者様にとって、
えっ、両方やってないの?
みたいな意見が多いとも思います。

ですので、
信頼している歯医者の先生に矯正治療の相談をしてみたら、
専門の先生を紹介されるということはよくある話です。

いや、でも先生に診てほしいんですけど・・・

と思っても、できないものはできないので
しょうがないですよね。

また、
両方の知識があって初めて思いつく治療方針もあります。

矯正治療に興味がない患者様でも、
その方の主訴をよくよく聞いてみると、矯正治療がベストだったり、
一般治療と矯正治療が両方必要だったとして、
矯正治療でどこまでができて、どこからができない
ということが分からなかったら、計画が立てられません。

矯正治療だけをしていたら、気づかなかったことが、
一般治療をして気づくこともあります。

単純に一人の歯科医師が治療方針を考えるので、
一番効率の良い方法が思いつきます。

例えば、
矯正治療中に虫歯になっても、同時に治療を行うこともできます。

歯を抜いた日から歯を動かすこともできます。

二刀流には大きなメリットがあります。

二刀流歯科医師

2018年11月9日 / KSKブログ

歯科医師の常識と一般の方のイメージで、すごく乖離していることが良くあります。
それが専門性だと断罪してしまっても良いのですが、歯科医師が歩み寄れることもあるように思います。


その乖離の典型的な一つが、
矯正治療についてです。


矯正治療の何が一般の人と歯科医師の考えで乖離しているかというと、

矯正治療は特別な治療で、とても専門性の高い治療であるということです。


もう少し詳しく説明しますと、
歯科大学を卒業するにあたり、矯正治療の授業はあるものの、矯正治療の入り口にすら立てないくらいな
知識しか習得することができません。

ですので、
矯正治療を学ぼうと思ったら、歯科大学を卒業してから、矯正科に残る必要があります。

逆に言うと、
矯正科に残らない歯科医師にとっては、矯正治療についてはほとんど解らないということでもあります。

そして、矯正科に入ったら、ひたすら矯正治療のことしかしません。

すなわち、矯正科に進むと虫歯の治療などの一般歯科治療をやらなくなります。


つまり、
歯科における一般治療と矯正治療は、プロ野球の言うところの野手と投手のような感じ。

一緒の職業でありながらちょっと違うみたいな。

そして、両方手掛けるとなると、めちゃくちゃ珍しい。

おそらく、一般の歯科業界でない方は、こうは思ってないでしょう。

歯科医師ならば、
当然一般治療も矯正治療も手掛けていると思ってるのではないでしょうか?

通常は、
虫歯の治療しているところで矯正治療の話を聞くと、
専門の歯科医院を紹介されますし、

矯正専門の歯科医院で、虫歯の問題や、歯を抜かなくてはならなくなれば、
一般の歯科医院を紹介されます。


当院は矯正治療も一般治療も一人の歯科医師が請け負います。

それによって様々なメリットがあります。


メリットについてはまた次回書きたいと思います。

1 

pageup