独自の治療法を持つ淀屋橋にある歯科医院。3ヶ月で違いを感じる歯科矯正

エマーブル歯科・矯正歯科クリニック

news

2017年1月☆矯正無料相談の受付日です!!

2016年12月22日 / 新着情報

2017年1月の矯正無料相談の受付日は下記のお日にちです(*^_^*)


1月12日(木)、17日(火)、18日(水)、23日(月)



※午前はご予約が取りやすくなっております!!


興味がある方、相談したい方はぜひお電話またはWEBからご予約ください(^^♪


TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

年末年始のお休みについて

2016年12月22日 / 新着情報

こんにちは(*^_^*)


当医院の年末年始のお休みのお知らせです!!

12月23日(金)〜1月4日(水)まで年末年始のお休みとさせていただきます。


※1月5日(木)からは通常診療となります。


みなさまにはご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願い致します。



受付  麻野

今週の矯正無料相談日は、19日(月)です!!

2016年12月19日 / 新着情報

こんにちは(*^_^*)


今週の矯正無料相談の受付日のお知らせです!!


19日(月)


矯正に興味がある方はお電話またはWEBからご予約ください☆☆
TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

今週の矯正無料相談日は、13日(火)、14日(水)です!!

2016年12月12日 / 新着情報

こんにちは(*^_^*)


今週の矯正無料相談の受付日のお知らせです!!


13日(火)、14日(水)


矯正に興味がある方はお電話またはWEBからご予約ください☆☆
TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

今週の矯正無料相談日は、8日(木)です!

2016年12月5日 / 新着情報

こんにちは(*^_^*)


今週の矯正無料相談の受付日のお知らせです!!


8日(木)


矯正に興味がある方はお電話またはWEBからご予約ください☆☆
TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

12月の矯正無料相談の受付日です!!

2016年12月1日 / 新着情報

こんにちは(*^_^*)


12月の矯正無料相談の受付日のお知らせです!!


8日(木)、13日(火)、14日(水)、19日(月)


矯正に興味がある方はお電話またはWEBからご予約ください☆☆
TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

今週の矯正無料相談日は、29日(火)・30日(水)です(*^_^*)

2016年11月28日 / 新着情報

11月29日(火)・30日(水)に矯正無料相談を受け付けています!!


矯正に興味がある方はお電話またはWEBからご予約ください☆☆

TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

今週の矯正無料相談日は、24日(木)です!!

2016年11月21日 / 新着情報

11月24日(木)に矯正無料相談を受け付けています!!


※23日(水)の祝日のためお休みとなっております。


矯正に興味がある方はお電話またはWEBからご予約ください☆☆

TEL  06―4706―8181
WEB  https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=3494

歯を動かすためには、ワイヤーの弾性という特性を利用しています。

2016年11月21日 / KSKブログ

ワイヤーを少し曲げても、元の形に戻ります。

曲げる量を大きくすると、形が変形してしまい元の形に戻らなくなります。:



このように元の形に戻る特性を弾性と言います。


また、元に戻らなくなることを永久変形と言います。



弾性のことでいうと、

通常ワイヤーを曲げる力が大きいと大きくしなり、
小さいと小さくしかしなりません。

曲げる力と曲がる量は比例しています。


歯を動かすには、この弾性を利用しています。

歯を動かすには、ワイヤーを元の形から少ししならせてセットします。
その時、ワイヤーのしなりは元々の形に戻ろうとしています。

歯は元に戻ろうとする方向に動いていきます。

歯が動くと、ワイヤーの元の形に近づいていきます。

しなりが小さくなっていきます。

しなりが小さくなるということは、
歯にかかっている力も小さくなります。


つまり、
通常のワイヤーで持続的な一定の力をかけることは難しいのです。


最初は大きな力がかかり、
そのあと小さくなっていきます。

そして、またワイヤーを曲げ直すなどして、新たな力をかける必要があります。

ですので、
矯正治療では、定期的に歯科医院に通うのです。



ところで、
このかける力がずっと一定で小さな力であれば、
一番早く歯が動くのです。


そうするために、いい方法があるのです。


また、次回書きます。






持続的な弱い力は難しい?

2016年11月17日 / KSKブログ

歯が早く動くためには、

持続的な弱い力がかかっている必要があります。


なぜかというのは、

上記のリンクを参照してください。



弱い力を持続させるということは実は難しいのです。


例えば、

バネやゴムを考えてみましょう。


それらは、伸ばせば伸ばすほど、距離が長くなります。

バネやゴムに何かを引っかけて引っ張ろうとした場合、

距離を長く動かそうと思ったら、できるだけバネやゴムを伸ばして力をかけた方が

良いですよね。


しかし、ちょっと待ってください。

バネやゴムって距離が長くなると力も大きくなりますよね。

力を弱くと考えると、

短く伸ばすだけに留めないといけない。

そうすると、距離が縮まるとすぐに力がかからなくなります。


継続的に弱い力というのはだから難しいのです。


通常の矯正ワイヤーはどうなっているのか?


前のページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  次のページ

pageup