独自の治療法を持つ淀屋橋にある歯科医院。3ヶ月で違いを感じる歯科矯正

エマーブル歯科・矯正歯科クリニック

矯正歯科

アイコン矯正治療の調節

 矯正治療を開始すると、歯科医院に調節をしに来てもらうことになります。その頻度は、だいたい1か月に一回くらいです。


 いったい何をするのかというと、まず歯にボタンのようなブラケットという装置を付けます。これを付けると矯正治療が終わるまでつけたままになります。そのブラケットの真ん中には溝があり、その溝の中に針金をはめ込みます。そして、結び付けます。


 毎回の調節は、その結び付けた針金を外し、調節をして、また結び付けるということをします。歯を並べるということは、3Dのパズルゲームです。これを並べてからあれを並べて・・・みたいな感じです。ですので、装置をただ単に入れるだけでは治っていきません。毎回の調節が必要なのです。

 

 矯正装置を付けていると、とても歯をみがきにくくなります。調節の時、針金を外しますが、その時に歯をみがきやすい状況が生まれます。ですので、矯正治療の調節にお越し頂いた際には、毎回歯磨きと歯と歯の間を掃除するフロスをさせていただいております。


 ちなみに、その時に使用する歯ブラシは新品のものを用意していて、毎回お持ち帰りになっていただいております。




メール・お電話でのお問合せは、こちら


無料矯正相談のご予約は、こちら




pageup